美容に良い眠りを|病気の信号かもしれないいびきの危険性【専用のグッズで改善しよう】

病気の信号かもしれないいびきの危険性【専用のグッズで改善しよう】

ウーマン

美容に良い眠りを

睡眠

首の角度が大切

人によって違う理想の枕ですが、どの体型の人にも共通して言えることは、枕を使用したときの首の角度が15度になる枕が理想の枕と言えることです。なので、枕を選ぶときは実際に寝てみた場合に首の角度が15度に保たれる枕が理想の枕と言えます。首の角度が15度になる枕を使用して眠ると、ぐっすりと熟睡することができるので、頭痛や肩こりなどに悩まされることがなくなります。寝ても疲れがとれない、もしくは頭痛・肩こり・腰痛の症状に毎朝悩まされる人は一度枕を使用した状態で首の角度を確認して見ましょう。もし15度になっていないとしたら、それは理想の枕ではなく悪い枕・合わない枕となります。枕が合っているかどうかのチェック方法は、両膝を曲げて両腕をクロスし横向きになるときに楽に横向きになれるかどうかでわかります。

熟睡できる枕

理想の寝姿でも体が固定されていると、人は起きたときに疲労感や体に痛みを感じることが多いものです。理想の枕は、睡眠中に楽に寝返りをうつことができる枕であり、適度な高さのある枕です。女性なら平均して枕の高さは3cmあればよく、立ち姿のように寝ることができる枕です。最近は、眠りに拘る人も増加しており、理想の枕を求めて様々な枕を買い求める人も増加しています。勿論、自分の体型に合わせることができるオーダー枕も人気を集めています。拘る人は素材や臭いにまで拘ったオリジナル枕をオーダーしています。枕1つで疲労感や体調に違いがでることが知られるようになり、それだけ健康を気にする人や睡眠を大切に考える人が増加していることから理想の枕人気に火がついたと言えます。

Copyright © 2016 病気の信号かもしれないいびきの危険性【専用のグッズで改善しよう】 All Rights Reserved.